歯ぎしり予防

歯ぎしり予防bruxism prevention

歯ぎしりとは

歯ぎしりとは

歯ぎしりとは寝ている間に歯をこすり合わせてしまうことです。ギリギリと音が鳴る場合はもちろん、音がしないものもあります。
歯ぎしり自体は病気ではありませんが、過度な歯ぎしりは歯に負担をかけてしまい全身に影響することがあります。

歯ぎしりがもたらす体への影響

  • 歯が移動してしまう
  • 歯が摩耗してしまう
  • 根が割れてしまう
  • 知覚過敏になってしまう
  • 噛むと歯が痛くなってしまう
  • 歯周病や虫歯が悪化してしまう
  • 顎関節症になる
  • 頭痛や肩こりの原因になる
  • 睡眠障害をおこす

歯ぎしりの治療方法

歯ぎしりの治療方法

歯ぎしりの原因は人それぞれであると言われています。一般的には筋緊張をほぐすトレーニング指導マウスピースを使って治療をしたり、一時的に痛みを取る薬を処方します。
しかしやはり患者さんごとに原因はことなってきますのでまずはお話を伺い、詳しい検査をした上でそれぞれの状態にあわせて適切な治療をしてまいります。まずはご相談ください。

なお、子供の歯ぎしりはほとんどは一時的なものです。年齢とともになくなって行くことが多いのでまずは様子見で大丈夫です。ただ歯並びに問題が生じたり、実際に歯が痛くなってしまった際はもちろんすぐにご相談ください。

歯ぎしり治療の流れ

  • 問診をします
  • 口腔内を検査します
  • 検査結果を元に障害が起きている場所と歯ぎしりの関係性を考えます
  • 治療として生活習慣の指導やマッサージ指導をします
  • マウスピースが必要な場合はマウスピースを作成します