審美歯科

審美歯科esthetic

審美歯科とは

審美歯科とは

見た目の美しさはもちろんですが、よく噛める、会話しやすいなど、機能面でも優れた口元を作ることを目的とした治療が審美歯科です。

クリーニングやホワイトニングで歯を白くしたり、銀歯や金歯を目立たない自然な色目の詰め物や被せ物に変えたりするのも審美歯科です。

保険診療の適用範囲内でできる審美歯科治療もありますが、美しさや心地よさなど、こだわりに合わせて自費診療も選べるので、治療の可能性が広がります。

白い歯を入れるメリット

白い歯を入れるメリット

歯が白いと清潔感があるため、多くの人が好印象だと感じます。黄ばんだ歯には不潔な印象がありますし、好感度にも少なからず影響があるのは否めません。

近頃では、身だしなみを整える一環として、結婚式や仕事の面接、オーディションに合わせて歯を白くする人が多くなりました。

治療法にもよりますが、歯を白くすることで虫歯を予防できたり、噛みあわせが整えられたりして、健康が増進される人もいます。

セラミックの種類

セラミックの種類

セラミックとは、陶器のこと。
まぶしいほどの白い歯というのではなく、天然歯に似たトーンの白い歯なので、まるで本物の歯を入れたような自然な仕上がりになります。銀歯や黄ばんだ歯をセラミックに変える方も多いですし、目立ちやすい前歯の治療にお勧めです。

被せ物や差し歯の全体がセラミックでできている「オールセラミック」のほかに、「ジルコニア」「メタルボンド」「ハイブリット」といった種類があります。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックは、ジルコニアという人工ダイヤモンドで作られた土台にセラミックを被せたもの。
ダイヤモンドの強さとセラミックの美しさを兼ね備えた優れた被せ物です。耐久性があるので、噛み合わせの力がかかりやすい奥歯にもお勧めです。

メタルセラミック

メタルセラミックは、金属のフレームにセラミックを被せたもの。
土台が金属なので、耐久性は申し分ありません。しかしながら、金属アレルギーが出る方には、あまりお勧めできません。また、中に金属が入っているせいで、つなぎ目の歯ぐきが若干黒ずんでくることがあります。ジルコニアセラミックよりリーズナブルなお値段で、ご利用いただけます。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミックと歯科用プラスチックであるレジンを混ぜた素材でつくられたものです。セラミックだけで作られたオールセラミックの被せ物よりも柔らかい素材のため、歯ぐきや周辺の歯への負担が軽減できます。
しかしながら、オールセラミックほどの透明感のある美しさはなく、経年劣化しやすいという特性があります。お値段の面では、保険診療が適用されるので、かなり経済的です。大臼歯のみ自費ですが、それでも他のセラミックよりもお手頃な価格設定です。

このように、セラミックといっても多彩な種類が揃っています。
予算の都合もあると思いますので、治療する場所によって色々なセラミックを取り入れてみてはいかがでしょうか?歯科医師と相談しながら、ご自身にとってベストな選択をしてください。