インプラント歯科

インプラント歯科implant

インプラントとは

インプラントとは

なんらかの理由で自分の歯を失ってしまった時、それを補う手段として入れ歯やブリッジといった治療法が考えられます。なかでも、まるで自分の本物の歯のようによく噛めて、見た目の美しさも得られるのがインプラント。非常に優秀な治療法といえます。

インプラントは、歯の土台となる顎の骨に人工の歯根を埋め込む治療です。インプラントの人工歯根に、セラミックなどお好みの被せ物を装着すれば完成です。

入れ歯、ブリッジとの比較

入れ歯、ブリッジとの比較

入れ歯が合わない、よく噛めないというお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。それは、仕方のないことかもしれません。お口の中は、常に移り変わるもの。一度、精密に検査して入れ歯を作ったとしても、年月が過ぎるとともに顔が変わるように、お口の中も変化していきます。入れ歯にガタつきが出てくるのも当然でしょう。

また、ブリッジは、残っている隣の歯に、橋のように義歯を取り付け、失った部分の歯を補う方法です。少なからず、残っている歯に負担を掛けることになるので、歯に優しい治療とはいえない側面があります。
ご自身の天然の歯を長持ちさせたいとお考えなら、ブリッジよりもインプラントのほうが、お口の環境には優しいといえるでしょう。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラントは、土台となる顎の骨にインプラント体を埋め込む治療なので、手術を伴います。そのため、事前に歯科用CTなどで三次元画像によるレントゲンを撮影するといった念入りな検査を行います。

院内感染防止のため、インプラント専用の診療台やオペ室など独立した場所で治療を行います。
また、生体情報モニタで、患者さんの心拍数や血圧などを管理・記録し、安全面にも十分に配慮しながら治療を進めます。

治療の方法ですが、まずはインプラント体を埋める部分の歯ぐきを切開し、骨に穴を開けます。インプラント体を埋め込み、上部構造に被せ物を装着し、切開した部位を縫合すれば手術は完了です。
状態によって、1回で手術が済むこともありますが、難易度が高いケースの場合、2回以上かかります。

検査の結果、土台となる骨の量が少なすぎてインプラントの治療ができない、という診断を受ける場合があります。そんな時でもすぐには諦めず、ぜひ当院にご相談ください。
状態によっては、骨の再生治療を受け骨の量を増やすことも可能です。

手術が終わった後の治癒期間ですが、インプラント体が骨にしっかりとくっつくまで3ヶ月から半年くらいかかることも。検査で虫歯や歯周病が見つかった場合は、先にそちらの治療をしてからになりますので、さらに時間がかかります。