無痛治療

無痛治療no pain

無痛治療とは

無痛治療とは

無痛治療とは、できるだけ痛みを感じさせない歯科治療のことです。
世の中には、「治療の痛みが怖くて歯医者さんに行けない」という人が、意外にたくさんいらっしゃいます。歯科医院を敬遠しているうちに虫歯や歯周病が進行してしまい、気づいた時には歯がボロボロ…などということになれば大変です。
歯の健康は、全身の健康にも密接につながっているため、放置しておくのは非常にハイリスクです。

当院では、患者さまに安心して治療を受けていただけるよう、さまざまな取り組みを行っています。無痛治療は、その取り組みの1つです。

痛くない工夫

痛くない工夫

痛みを最小限まで軽減するために、麻酔のかけ方を工夫しています。
また、治療への不安やストレスが強い方のために、笑気ガスを吸い込んでリラックス状態になって治療を受けられる笑気麻酔を取り入れていおります。
さらに、治療にレーザーを導入しています。レーザー治療は神経にまで達していない虫歯なら麻酔をかけずに治療できるので患者さまの身体への負担を軽減できます。

表面麻酔

痛みを最小限まで軽減するために、例えば麻酔注射をうつ時のチクッという小さな痛みさえも感じないよう工夫を凝らされています。
注射を打つ前に、あらかじめ歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を施します。それから麻酔注射を打つので、針を刺す痛みを感じにくくなっています。

自動麻酔注射器

麻酔液は、一定のスピードで注入すると、痛みを感じにくくなるという特性があります。手動の注射では、歯科医師のスキルに頼るのみとなってしまいますので、正確性を重んじ、自動でスピードを調節できる注射器を導入しています。

麻酔液保温器

また、麻酔液は、人間の体温と同程度くらいに温めてから使用する方が、注入の痛みを軽減できます。当院では、麻酔液保温器を導入していますので、いつでも麻酔液を人肌に温めておけます。

マイクロ注射針

さらに、麻酔注射の針が細ければ細いほど、注射を打つ時の痛みが少なくなります。当院では、市販されている中でも最も細いマイクロ注射針を採用しています。

こうしたさまざまな工夫で、患者さまの心身に負担が少ない「無痛治療」を実践しています。 小さなお子さまからご高齢の方まで、安心して歯科治療をうけていただけます。