滅菌対策

滅菌対策sterilization

院内感染予防とは

内感染予防とは

ヒトの血液や体液には感染するウィルスや細菌が存在し、様々な患者様を治療する歯科機器は治療時の血液や、唾液で汚染されてしまいます。
これを適切に処置し患者様から患者様への感染症を防ぐ必要があり、とくに注意しなければいけない点です。

以前新聞で「全国の歯科医の半数近くが歯を削る機器を患者様ごとに交換せず使いまわしているという」記事が話題になりました。
高圧高温での洗浄滅菌を行うと器具が傷み、寿命が短くなってしまいます。また、患者様ごとに器機を交換するということは高価な器機をより多く常備しなければならず、こういったことが使いまわしの背景にあると思われます。

滅菌対策

滅菌器は滅菌できる対象物によってクラスが分かれており、高度な滅菌ができる順に「クラスB」>「クラスS」>「クラスN」となっています。
それぞれの器具に適した器機で滅菌する必要があり、歯を削る機器(タービン・コントラ)は、クラスS以上でしかも切除器具が滅菌可能器機で滅菌しなければならないとされています。
しかし、日本の一般の歯科医院の多くで使われているのは「クラスN」の滅菌器であり、この器機での洗浄では不十分と言わざるをえません。ちなみにドイツでは「クラスB」規格の滅菌器の導入は80%、日本では2%と言われています。

当院では患者様ごとに器具を交換し、歯を削る機器(タービン・コントラ)は「クラスB」規格の滅菌器を導入し滅菌しております。安全な治療を行う為の管理を徹底しておりますので、安心して通院してください。

滅菌のクラス

クラスB 世界で一番厳しい滅菌基準です。あらゆるものを滅菌します。
クラスS 高圧蒸気で滅菌します。特定の機器のみ滅菌可能です。
クラスN 滅菌後は機器を保管することができず、そのまま使用しないといけません。

超音波洗浄機

内感染予防とは

超音波により器具に付着した汚れを浮き上がらせて洗浄することができます。